12月, 2011

寒さに負けないお題目を ~信行唱題会12月~

12月25日(日) 午後2時~

クリスマス寒波というほど、冷たい風が吹きすさぶ中、今年最後の信行唱題会です。

この寒さにも負けず、太鼓のリズムも軽やかに、大きな声でお題目を唱えました。

お集まり下さいました皆さま、ありがとうございました!

 

今日は、本当に寒さが厳しかったですね。

この冷たい外を、元気に歩いて来られる方も!

唱題会の前に、まずは温かい柚子入りの生姜湯で温まっていただきました。

さて、御宝前に移動して信行唱題会の始まりです。

お経をあげる際の作法など、繰り返し繰り返し実践していきます。

始めはぎこちなかった所作も、だんだんスムーズに出来るようになってきましたね。

 

今回から『法華経』普門品(観音経)をあげることにしました。

法事や看経(おかんき)などではあまりあげることのないお経ですが、

「観音経」は宗派を問わず取り入れられているとても有り難いお経です。

慣れないお経に四苦八苦?!でしたが、お経本を見ながら一文字一文字丁寧に、ゆっくりと読みあげていきました。

そして、本堂での唱題行などが終わった後は、ざっくばらんな法話タイムです。

今日はクリスマスということで(?)、ケーキを食べ珈琲を飲みながらお話させていただきました。

 

今年も皆さまと一緒にお題目をあげたり、神仏に手を合わせていくことが出来て、大変嬉しく幸せな一年となりました。

『信仰は楽しく!』ということが、本住寺のモットーです。

こうして皆さまと共に、楽しく実践しながら笑顔を積み重ねていけることは、本当に有り難いことです。

これもお寺に足を運んでくださる皆さまのお陰と、心から感謝申し上げます。

本当にありがとうございます!!!

来年も信行唱題会では、少しずつ新しいことにも取り組んでいきながら、

楽しく手を合わせていけたらと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします!

年末に向けて寒さが増してまいりましたが、風邪などひかないよう、皆さま元気でお過ごし下さい!

次回は来年1月29日(日)午後2時からです。

興味をお持ちになった方は、是非お気軽にご参加ください。

心から温もる冬のひと時~こぢょっこでらいぶVOL.11~

 

 

六ツ森ケイ子 こぢょっこでらいぶ VOL.11

2011年12月18日(日) 12:00~

空高く晴れた青空と優しい日差しが穏やかな冬の本住寺にて、
『六ツ森ケイ子こぢょっこでらいぶVOL.11』が開催されました。

お越しいただいた皆様、本当にありがとうございました。

 

 今回のこぢょっこでらいぶは、六ツ森ケイ子先生がおもてなしをプロデュース!というスペシャル企画でした。

 

飾られた調度品の数々に季節を感じるお花、手書きのご案内等々、普段の本住寺とは趣を異にするしつらえを
来て下さった皆様には楽しんでいただけたのではないでしょうか?

 

 さてさて、お待ちかねのライブです!
本堂に六ツ森先生の奏でる音が鳴り響き、皆様の笑顔が溢れる至福の時間が始まります。

 六ツ森先生の音楽は、本当に素敵ですね。
住職は『倉敷物語』を何度聴いても、鳥肌がたってしまいます。

 

音楽はもちろんですが、軽妙なトークも本当に楽しくて、思わず笑顔がこぼれますね!
優しい音色に癒されながら、歌あり、笑いありのライブはあっという間に終わってしまいました。
楽しい時間は過ぎるのも早い、というのは本当ですね。

こぢょっこでらいぶも今回で11回目となりました。
ここまでこれたのもライブをして下さる六ツ森先生ご夫妻と裏方を手伝って下さるスタッフ、
そしていつも足を運んで下さる皆々様のお陰と、感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございました!!

これからも巡る季節と共に『「こぢょっこでらいぶ』を開催させていただきたいと思っておりますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

次回は来年3月の予定です。
詳しい日程が決まり次第、またお知らせいたしますので、お楽しみに!

 

 

 

 

 

こぢょっこダイアリー