12月, 2014

冬来たりなば春遠からじ~師走の本住寺

冷たい木枯らしに、身の切られるようなこの頃です。

いつも、のほほんとした雰囲気の本住寺ですが、

師走の声を聞き、少し慌ただしさを感じるようになりました。

なかなかマメに近況報告が出来ておりませんが、

12月にあった出来事を、少しご紹介させていただきたいと思います。

御会式H26

平成26年12月3日(水)午後6時30分より

宗祖日蓮大聖人 第733回忌 御会式法要

本住寺の御会式は、旧暦の10月12日のお逮夜に執り行っております。

今年は12月に入ってからの御会式となりましたが、

お陰様で、無事に奉行することができました。

この日は、信行唱題会に参加してくださっている檀家さんを中心に

昼から、本住寺特製の『お赤飯』と『精進芋煮汁』を作りました。

お赤飯に使われるお米や豆、芋煮汁の具になる野菜は、

みんな檀家さんの畑で採れたものばかりで、

本当にありがたく、深く感謝しております。

そして、今年から『芋煮汁』が、出汁も含めてお精進の芋煮となりました。

お参りに来ていただいた皆様にも喜んでいただけ、何よりでございました。

七面山

平成26年12月6日~7日 『七面山唱題登詣修行』

そして、御会式が無事に済んだ週末、七面山にお参りに行くことになりました。

『七面山唱題登詣修行』への参加が、急遽決まったのです。

心も体も、何も準備のできていない状態なのに、とりあえず出発しました。

登りに約5時間、翌日の下りに3時間半の道のりは、

ずっとお題目を唱えながらの修行です。

普段から唱題行をする機会は多いのですが、

一日中ずっと唱題をする機会はそうそうありません。

キツイ坂道も、お題目を唱えながらなら、登っていける気がします。

山頂にある敬慎院で一泊させていただき、様々なお堂を案内していただいたり、

修繕中の内陣の様子も見させていただきました。

 富士山 別当さんと!

翌朝の気温はマイナス11度!!

耳がちぎれそうな寒さです!

冬のキンと冷えた空気の中、目の前には富士山がとても綺麗に見えました。

御題目を唱えながら待っていると、富士山の裾野からご来光が!

言葉にならない程の感動でした。

今回の唱題登詣修行に声をかけてくださった七面山の別当さんは、

住職の学生時代からの友人でもあります。

旧交を温め、共に修行させていただけたことに、心より感謝申し上げます。

DSC_0315 DSC_0323

平成26年12月14日(日) 午前10時より

本住寺 お焚きあげ

この週末は、住職の勤め先でもある最上稲荷で、お火焚き大祭がございました。

こぢょっこ寺でも、お寺に納められた古いお札や卒塔婆をまとめ、

お清めをして、お炊き上げをいたしました。

お経をあげ、修法をしてから、いよいよ点火です。

爆ぜる火の粉に、住職の法衣に穴が増えたのは言うまでもありません。

これも、冬の風物詩ということで・・・(泣)

今年も、あと僅かとなりました。

本年も本住寺にご厚情を賜りましたこと、心より御礼申し上げます。

これから寒い日が続きますが、

お身体には充分にお気を付けてお過ごしくださいませ。

皆様のご健康とご多幸を、お祈り申し上げ、

年末のご挨拶とさせていただきます。

来年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

こぢょっこダイアリー