// //

梅雨の晴れ間の境内清掃

梅雨の合間の気持ちよく晴れたお天気の中、7月第二日曜日、境内清掃を行いました。

今回はお寺に一番近い、遠田地区の方々の当番でした。

遠田地区の皆さまは、とても結束力と責任感が強く、普段から何かとお寺を気にかけてくださる方ばかりです。

当日に用事があり参加できなかっ方も、前日に草刈り機を持って現れ

『自分の分!』と、たった一人で2時間も作業してくだいました。

遠田地区の皆さま、ありがとうございました!!

日の昇る時間が早い季節ということで、早朝7時には作業を始めます。

それぞれに持ってきた自分の道具を使い、一斉に草刈り作業の開始です。

男性陣は、力強く草刈り機を振るい、バリバリと草を刈っていきます。

エンジン音が止んだと思ったら、鋸に持ち変えて

参道脇や山際の邪魔になる竹を切り倒し処理してくださっていました。

もちろん女性陣も負けてはいません。

華麗な手さばきで素早く鎌をふるっていきます。

草刈り機が届かないところや急な斜面もザクザクと刈り取っていきます。

しかも、手早いだけではなく、丁寧で綺麗なんです!

細やかさは本堂右横の小庭でも発揮され、掃き清めるだけではなく、

植え始めてある花の手入れまでしてくださいました。

あっという間に境内がすっきりと綺麗になり、大薮椿の木陰でお茶を飲みながら休憩しました。

小高い山の上にある本住寺からは、真備町箭田の中心部が一望出来ます。

麓には青々とした田圃が広がり、町並みの向こうには緩やかな稜線の山々が見える、

なんとものどかな緑の景色に、心が洗われる想いです。

吹き抜ける爽やかな風や鳥の鳴き声に、気持ちよく癒される一時でした。

最後に、刈った草を軽トラの荷台ギュウギュウに積み込んで、いつもの場所に持って行って終了しました。

遠田地区の皆さま、暑い中、本当にお疲れさまでした。

 

次回の境内清掃は残暑の9月第2日曜日となります。

1班『関谷地区』の皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。


 
 
こぢょっこダイアリー