// //

心をあわせて ~本住寺 信行会9月~

9月15日(土)  午前10時~午後8時
観音経写経会

9月16日(日)  午前10時~
信行唱題会

  

お釈迦様は『この経を受持・読・誦・解説・書写し修行するように(如来神力品)』と説かれ、

また『この経典を受持し読誦し解説すると共に書写すれば、よく大願を成就す(法師品)』と説かれています。

そのお釈迦様の教えを楽しく実践できたら…という思いから、

本住寺では毎月一度、『信行唱題会』を執り行ってまいりました。

唱題会という名の示す通り、受持の正行であるお題目を唱えることを中心に

お経をあげたり、住職の法話等を入れたりしながらの、楽しい信仰の実践です。

その信行唱題会も今回で41回目となりました。

これもご参加くださる皆様のお蔭と、感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございました!!

今回の唱題会のテーマは『両手でお題目!~パートⅡ~』ということで、

胴長太鼓の叩き方を、みんなで実践してみました。

前回叩いた方は復習を兼ねて、今回初めての方はドキドキしながら、

つくつく・ドン・つく・ドンドン!という法華の太鼓のリズムを体得しました。

真剣に胴長太鼓にむかう姿、両手で腿を叩きながら練習する姿、

それぞれに一生懸命取り組む姿に感動しますね。

 

一生懸命に唱題をした後は、糖分を補給して疲れを癒しました。

両手で叩く太鼓の楽しさに、皆、笑顔が止まりません。

こうして皆様の心を合わせていけるのが、唱題行の最大の魅力ですね。

ご参加くださいました皆様、本当にありがとうございました。

 

さて、今月からは『信行唱題会』に加えて、念願の『観音経写経会』を始めました。

初めての取り組みとあって、住職はドギマギしながら準備に手こずっておりましたが、

第一回目の『写経会』を、なんとか無事に終えることが出来ました。

ご参加くださいました皆様、ありがとうございました! 

 

お写経で大切なのは、字の上手下手ではなく、心を込めて一字一字大切に書き写すことです。

それにより脳の活性化や、集中力・忍耐力の向上にも効果があるといわれています。

筆または筆ペンで上からなぞるだけですので、どなたでも気軽に取り組めますし、

お道具はすべてお寺にございますので、手ぶらでお越しください。

静かなお寺の本堂で、お写経を通して仏様と向き合ってみるのは如何でしょうか。

興味のある方は、是非一度ご参加くださいませ!

休憩にお茶とお菓子もご用意してお待ちしております。

 

※ 次回、信行会のご案内 ※

観音経写経会
10月20日(土)  午前10時~午後8時
(時間内でご都合の良い時にお越しください)

信行唱題会
10月21日(日)  午後2時~


 
 
こぢょっこダイアリー