// //

仏様と向き合う時間を

本住寺では、月に1度、毎月第3土曜日に
『観音経写経会』を催しております。
静かな本堂で一心にお写経をする心地よい時間を求めて、
毎月通われている方もいらっしゃいますし、
近頃は、若い人でもお写経に興味を持たれる方も多く、
わざわざ遠方から訪ねて来られる方もおられます。
仏様と向き合う時間を求めてお寺に足を運んでくださることは、
とても有難いことで、本当に嬉しく思います。

観音経写経会

実は、その月に1度の『観音経写経会』とは別に、
少人数でお写経を体験してもらう企画もございます。
日時や内容につきましては、個別に決めさせていただくのですが、
大体4名~10名程度のグループでお寺にお越しいただき、
お写経に住職の法話と軽食が付いて約3時間半強のプログラムです。
この度は、日頃から住職がお世話になっている
岡山スバル倉敷中島店の有志の方々に、体験していただきました。

説明

まずは、住職から、お写経をするにあたっての心構えと
観音経についてのお話しをさせていただきました。
皆さん、すでに緊張気味です!

お作法1 深心行

その後、場所を御宝前に移し、
お写経をする際のお作法についての説明をいたしました。
手と口や身体を清め、姿勢を整え、心を鎮めたら、
いよいよお写経を始めます。
ひと筆ひと筆大切になぞり、丁寧にお経を書き写すことを通して、
自分自身と向き合い、仏様と向き合うことが出来ます。
受け止め方は千差万別。
お写経に没頭すること、約90分。
今回ご参加の皆さまは、どのように感じられたのでしょうか?

お写経

お写経が終わり、ちょうどお昼の時間となりましたので、
枝豆とトウモロコシのおこわを中心にした精進料理もどきで
軽くお食事をしていただきながら、住職の話を交えて、
ざっくばらんな談笑となりました。
緊張も解れたせいか、皆さん、とてもスッキリとしたお顔でした。

岡山スバル倉敷中島店有志の皆さま、
本当にありがとうございました!!


 
 
こぢょっこダイアリー