8月, 2016

元気の源~こぢょっこ寺のお盆

連日、厳しい暑さが続きました。

ご先祖様をお迎えするお盆の前の11日に、
今年から新しい国民の祝日『山の日』が出来、
いつもより少し長いお盆休みとなった方も
おられたことでしょう。

お盆経

本住寺では、その前の10日からお経回りを始めます。

今年も住職と妙紀の二馬力で行わせていただきました。

檀家の皆さまとは、年中行事や境内清掃などを通して
お会いする機会のある方がほとんどですが、
お盆にしかお顔を見れない方もおられ、
年に1度のお経回りは、楽しみであったりもします。

限られた時間の中で精一杯、
各家々のご先祖様に法味を言上させていただき、
それぞれにお話をさせていただく時間は嬉しいものです。

今年も、檀家さんの笑顔と相見えることが出来、
沢山の元気を分けていただき、
とても嬉しかったです!

お盆経1

今年のお盆期間中は猛暑でも、二馬力効果の余裕からか、
御宝前でお経をあげる時間をいつもより若干多く持てました。

朝の一時の清浄な空気の中、
御宝前の佛さま・守護神とゆっくり向き合い、
感謝のお経をあげられる。

とても贅沢で有難いひと時でした!

お盆経2

また、お経回りをする中で、
それぞれに丹精込めて作られた新鮮なお野菜などを
沢山分けていただきました!

キュウリ・ナス・ゴーヤ・カボチャ・ピーマン・トマト・
インゲン・オクラ・モロヘイヤ・ツルムラサキ・ミョウガ・
枝豆・梅の甘酢漬け・シソジュース…等々。

お盆期間中、こうしたお野菜たちが
食卓を豊かに彩ります。
(料理の腕と写真はイマイチですが…)

とっても美味しいお野菜から、
沢山の元気をいただきました。

檀家の皆さまの笑顔、仏さまとの時間、
そして、温かなお心遣い。

全て、私共のパワーとなりました。

これに感謝し、8月後半の残暑を乗り切って行きたいと思います!!

お題目と共に歩く~七面山登詣~

 山梨県南巨摩郡にある七面山は、南アルプスをめぐる山の一つで、
山岳信仰をもって広く知られ、法華経の聖地として名高い、
標高1989mの美しい霊山です。

七面山 敬慎院

山頂に近い平坦地に身延山久遠寺に属する敬慎院があり、
身延山の裏鬼門を守護する神として
「末法の総鎮守 七面大明神(大天女)」が祀られています。

七面山 参道4 七面山 参道2

七面山へ登詣するには、
一歩一歩自分の足で歩いて登らなければなりません。
険しい山坂を越えて行くため大変な苦行を伴いますが、
その道程こそが修行の道であり、祈りの道なのです。

和光門

さて先日、その七面山に登詣してまいりました。
道中は交互にお題目を唱えながら時間をかけて歩き、
敬慎院で一泊して、退任を3日後に控えた別当さんと談笑し、
心身共にリフレッシュ&パワーチャージさせていただきました。

七面山 参道1

信仰の霊山ということから、とっても不思議なお山で、
清浄な空気に満たされたパワースポットであることは勿論、
敬慎院のお上人さん方は、別当様をはじめ、
とても気持ちの良い方ばかりで、とっても癒されます!

素敵な笑顔で「お疲れ様でした!」と、お出迎えしてくださり、
お参りする私たちが気持ちよく過ごせるようにと、
細かいところまで気配りして声を掛けてくださり、
帰る時も、見えなくなるまで手を振って送り出してくださいました。

見えなくなるまで手を振って!

気持ちの良い挨拶、素敵な笑顔、気合の入ったお経など、
見ているこちらが清々しい気持ちになりますよね。

自然の山の持つパワーと、霊山として七面様の御守護のパワー、
そして、お山を護る人々の笑顔のパワー!
沢山のパワーを分けていただいた登詣修行となりました。

また近いうちに、お参りする機会を作ろうと思っております。

雲海

本住寺では時々、思い立ったが吉日!の弾丸ツアーで
身延山や七面山等に参拝しております。

もし一緒に行ってみたいと思われる方がいらっしゃいましたら、
お声を掛けていただければ嬉しく思います♪

是非!一緒にお参りしましょう!!

七面山の本

 七面さまは、住職にとって個人的にもご縁の深い神仏で、
本住寺でもお寺の守護神として妙見堂内にお祀りしております。

その御尊像を見た方は少ないでしょうが、本堂再建の際、
予算の都合でやむをえず、修復を見送ったままですので、
この度の修復で美しくよみがえった七面山の内陣にちなんで、
いつかこちらも綺麗にしてさしあげたい…と
密かに思う住職なのでした(*^▽^*)

こぢょっこダイアリー