11月25日(日) 午後6時30分より

宗祖御入滅 第731回忌 本住寺 御会式法要

 本住寺の御会式は、毎年旧暦10月12日のお逮夜にあわせて執り行います。

日に日に寒さが増していく中、当山でも日蓮聖人にようやく綿帽子をおかけいたしました。

さて、今年はなぜが玄関の鍵がしまっていて、

来られた総代世話人の皆様方を(ピンポンも釣鐘もないお寺なので…)外で待たせてしまったり、

用事で外出していた妙紀の渋滞で遅刻というハプニングもございましたが、

なんとか無事に御会式法要を納めることが出来ました。

  

今年は、法要の後にお接待として「お赤飯と芋煮汁」をお出ししました。

お昼から、遠田の別府さんを中心に信行唱題会の有志がお手伝いに集まってくださり、

和気藹々とした雰囲気の中で、お接待の準備をさせていただきました。

寒さが増していくこの季節、温かい芋煮汁は喜んでいただけましたでしょうか?

法話でもお話ししましたが、本住寺は檀信徒の皆様の温かな心で成り立っております。

本日の法要に先立ち、境内の清掃やお接待の準備をお手伝いくださった方々は勿論、

玄関前に置かれた綺麗な鉢植え、墓地斜面に植えられた沢山の紫陽花、お床など各所に活けられた花々、

また、いつの間にか綺麗に草が刈られていたり、参道が掃き清められていたり、

藪椿の種も拾い集められていたり…。

数え上げるとキリがありませんが、様々な方がそれぞれの形でお寺の護持に努めてくださっています。

檀信徒の皆様の尊く、有り難いお心に感謝し、心より御礼申し上げます。

お寺を建て替える以前から総代世話人の皆様で護ってきた「御会式」の法要ですが、

今後も絶えることなく、檀信徒の皆様と共にある楽しいお寺をめざして、

より多くの皆様にお参りいただける行事として精一杯勤めてまいりますので、

まだ参ったことのない方もお気軽にお参りくださいますよう

どうぞよろしくお願い申し上げます。

11月11日(日) 午後2時~
信行唱題会

 11月17日(土) 午前10時~午後8時
 観音経写経会 

冷たい雨が降り、季節は深まる秋から冬へと移ってゆきます。

寒さを感じるようになった11月の週末に、本住寺では

『信行唱題会』と『観音経写経会』を開催いたしました。

足元のお悪い中お越しくださった皆様、

本当にありがとうございました!!

 

まずは、11日(日)に開催した信行唱題会です。

ここ数回は胴長太鼓の練習が中心となっておりましたが、だいぶ慣れてきた頃なので

唱題行の前に『開経偈』と『観音経』の読誦をしました。

所作もお経の声も揃っていて、とても気持ちがいいですね!

  

今年の7月から、胴長太鼓を両手で打ちながらのお題目に取り組んでまいりましたが、

今回で5回目ということもあり、太鼓に向かう姿も様になって格好いいです!

 

住職も皆様の熱気に負けないよう、一生懸命大太鼓に向かいました。

御宝前での読経と唱題行が終わった後は、恒例の法話タイムとなりました。

今回の主役は、信行会に熱心に通ってくださっている井上やす子さんです。

というのも、この度倉敷市から『倉敷マスター』 として認定されたのです!!

倉敷マスターとは、85歳以上で精力的に活動しておられる高齢者をたたえ認定される称号とか。

そして、認定証を受け取る井上さんの勇姿が、山陽新聞にも掲載されました。

井上さんは、とても前向きな方で、日常の中にも信仰を楽しく取り入れられています。

私たちも井上さんをお手本に、明るく元気に年齢を重ねてゆきたいものです。

 

そして、17日(土)は『観音経写経会』を開催いたしました。

午前中は雨音が静かに響く本堂でのお写経となりました。

来られた方々は、それぞれのペースで筆を持ち、粛々とお写経に取り組んでおります。

お写経は、来られる時間も帰られる時間も皆まちまちですが、

ちょうど見知ったお顔を見かけると、話に花が咲いたりもします。

『とても良い時間が持てました』

『日常を忘れる時間が嬉しいわ』

『終わった後のお茶の時間も楽しい』

…等々、有難いお言葉をかけていただき、本当に嬉しかったです。

 

本住寺では、日々の暮らしの中に、楽しく信心を!という想いで

毎月『信行唱題会』と『観音経写経会』を開催しております。

どちらも初心者歓迎! 手ぶらでご参加いただけます。

興味をお持ちの方は、是非一度お気軽にご参加くださいませ。

お茶とお菓子をご用意してお待ちしております!

 

次回の本住寺信行会のご案内

信行唱題会 12月9日(日) 午前10時から

観音経写経会 12月15日(土) 午前10時~午後8時

11月11日(日)  午前8時~

朝から冷たい雨が降りしきる中、今年最後の境内清掃がありました。

今回は2班『金谷・山手・谷本地区』の皆様にご尽力いただきました。

ご参加くださいました皆様、ありがとうございました。

明け方から降りしきる冷たい雨にも負けず、ずぶ濡れになりながらの作業となりました。

境内清掃に先立ち、日ごろからお寺の周辺を手入れしてくださっている総代さんに

草刈りの場所や重点的に掃除をした方がいい場所を確認し、

お寺に上がる道路の脇の斜面を中心に草刈り機で刈っていただきました。

最後に釣鐘のない鐘楼付近を中心に境内の落ち葉を集めて、この日はお終いとしました。

本堂の前で雨をしのぎながら、冷えた体を温かいごぼう茶で温めていただきました。

 

次回は半年先となりますが…

2013年5月12日(日)

3班『吉則・玉島地区』の皆様、よろしくお願いいたします!

10月20日(土) 午前10時~午後8時
観音経写経会

10月21日(日) 午後2時~
信行唱題会

稲刈りも真っ盛り、深まる秋を感じる季節となりました。

気持ちの良い秋晴れとなったこの週末、本住寺では

『観音経写経会』と『信行唱題会』を開催いたしました。

お忙しい中、ご参加くださいました皆様、ありがとうございました。

 

先月から始まった写経会ですが、午前中は鳥の囀りが響き渡る中でのお写経となりました。

参加された方からは、『前回よりも楽に書かせていただけたのが嬉しかったです。』

という、ありがたい感想もいただき、こちらまで嬉しくなりました。

 

参加された方々は、それぞれ来られる時間も書く時間も違うのですが、

ちょうどタイミングが合った方々が、お座敷で楽しく談笑したりする場面もありました。

皆様と同じように、空いた時間を利用して住職も写経に取り組みました。

心を鎮め、一文字ずつ大切に筆を運びながら仏様と向き合う時間は、

とても心地よく流れるものですね。

 

日曜日の信行唱題会には、嬉しい飛び入り参加がありました。

本住寺のホームページを作成管理してくださっている(株)イケルの方が、

ご夫婦で遊びに来てくださったのです。

旦那様は木工職人さんで、実は住職が通う『営業道場』の仲間でもあります。

ちょうど唱題会が始まる前の時間だったので、お誘いしてみたところ、快くご参加くださいました。

一緒に参加された檀家の皆様も、お二人の若いパワーに感動!!

とても楽しいひと時となりました。

 

今回も胴長太鼓を中心に唱題行を行いましたが、ドンドン上達して、

軽快なリズムで出来るようになりましたね。

大きな太鼓の音に負けじと、お題目の声も自然と大きくなります。

太鼓が終わった後、参加者最年長の方から『気持ちがイイ!!』と

満面の笑みで言っていただけたのが、とても嬉しかったです。

 

気持ちよく唱題行をした後は、深心行で呼吸を整え、心を鎮めます。

最後に祈願回向文を唱和して、御宝前での作法を終えました。

心地よい疲労感を感じた後は、甘いものを食べながらの法話タイムです。

こうして皆様と談笑する時間を大切にしていきたいものですね。

 

『観音経写経会』も『信行唱題会』も、どちらも初心者歓迎で、手ぶらでご参加いただけます。

興味を持たれた方は、是非お気軽にご参加くださいませ!

お茶とお菓子をご用意してお待ちしております。

 

次回の本住寺信行会のご案内

信行唱題会 11月11日(日) 午後2時から

観音経写経会 11月17日(土) 午前10時~午後8時

9月15日(土)  午前10時~午後8時
観音経写経会

9月16日(日)  午前10時~
信行唱題会

  

お釈迦様は『この経を受持・読・誦・解説・書写し修行するように(如来神力品)』と説かれ、

また『この経典を受持し読誦し解説すると共に書写すれば、よく大願を成就す(法師品)』と説かれています。

そのお釈迦様の教えを楽しく実践できたら…という思いから、

本住寺では毎月一度、『信行唱題会』を執り行ってまいりました。

唱題会という名の示す通り、受持の正行であるお題目を唱えることを中心に

お経をあげたり、住職の法話等を入れたりしながらの、楽しい信仰の実践です。

その信行唱題会も今回で41回目となりました。

これもご参加くださる皆様のお蔭と、感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございました!!

今回の唱題会のテーマは『両手でお題目!~パートⅡ~』ということで、

胴長太鼓の叩き方を、みんなで実践してみました。

前回叩いた方は復習を兼ねて、今回初めての方はドキドキしながら、

つくつく・ドン・つく・ドンドン!という法華の太鼓のリズムを体得しました。

真剣に胴長太鼓にむかう姿、両手で腿を叩きながら練習する姿、

それぞれに一生懸命取り組む姿に感動しますね。

 

一生懸命に唱題をした後は、糖分を補給して疲れを癒しました。

両手で叩く太鼓の楽しさに、皆、笑顔が止まりません。

こうして皆様の心を合わせていけるのが、唱題行の最大の魅力ですね。

ご参加くださいました皆様、本当にありがとうございました。

 

さて、今月からは『信行唱題会』に加えて、念願の『観音経写経会』を始めました。

初めての取り組みとあって、住職はドギマギしながら準備に手こずっておりましたが、

第一回目の『写経会』を、なんとか無事に終えることが出来ました。

ご参加くださいました皆様、ありがとうございました! 

 

お写経で大切なのは、字の上手下手ではなく、心を込めて一字一字大切に書き写すことです。

それにより脳の活性化や、集中力・忍耐力の向上にも効果があるといわれています。

筆または筆ペンで上からなぞるだけですので、どなたでも気軽に取り組めますし、

お道具はすべてお寺にございますので、手ぶらでお越しください。

静かなお寺の本堂で、お写経を通して仏様と向き合ってみるのは如何でしょうか。

興味のある方は、是非一度ご参加くださいませ!

休憩にお茶とお菓子もご用意してお待ちしております。

 

※ 次回、信行会のご案内 ※

観音経写経会
10月20日(土)  午前10時~午後8時
(時間内でご都合の良い時にお越しください)

信行唱題会
10月21日(日)  午後2時~

2012年9月9日(日)

午後12時30分~

六ツ森ケイ子 こぢょっこでらいぶVOL.14

重陽の節句のこの日、こぢょっこ寺こと本住寺では

六ツ森ケイ子先生による『こぢょっこでらいぶVOL14』が開催されました。

今回もありがたいことに満席御礼!となり、

たくさんの皆様と共に楽しめた、とても嬉しい一日となりました。

お越しくださった皆様、本当にありがとうございました。

六ツ森先生の作り出す音の世界は、本当に素敵ですね。

窓を閉めてあるはずなのですが、季節の風が本堂に吹き渡るようです。

筝と尺八の美しいメロディーに、音の世界へ誘われてうっとりとし、

トークでは楽しくて思わず涙が出てしまうくらい笑ってしまう一幕もありました。

そして、今回は皆様と一緒に歌うだけにとどまらず、踊りまで飛び出したとか?!

揃いの法被を作るって…本当ですか?!?!(笑)

ご参加くださったお客様が、帰り際に

『本当に楽しかった!心の洗濯ができました!』

と満面の笑みを浮かべられていたのが、とても印象的でした。

皆様方の笑顔一つ一つが、こぢょっこ寺の宝物です!

 

田舎の小さなお寺ですが、こうして楽しいライブを定期的にさせていただけるのも、

足を運んでくださるお客様をはじめ、

おもてなしから演奏までしてくださる六ツ森先生方、

そして裏方で活躍してくださる多くの方の支えがあってこそのことだと

感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうごさいました!!

次回のライブは冬の巻となります。

六ツ森先生の作り出す、こぢょっこら(こぢんまり)とした世界をお楽しみください!

六ツ森ケイ子 こぢょっこでらいぶ VOL.15

2012年 12月 23日 (日・祝)  午後12時30分~

心温まる素敵なライブです。

興味のある方は、ぜひ一度お越しくださいませ!